85歳以上の米国人の数が2040年までに2016年の640万人から1460万人へと倍増すると予測されていることを考えると、引退しているか、もうすぐ引退する顧客の多くが高齢の親の介護に携わっていることは、ファイナンシャル・アドバイザーにとって驚くべきことではない。

おそらく驚くべきことではないだろうが、80歳代と非高齢者の人口増加を支援するために雇われている人々の数が増えている。米労働局の最近の予測によると、米国で最も急速に雇用が拡大しているのは「パーソナル・ケア・エイド」で、2026年までに約75万人が新たに雇用される予定であり、その次が「在宅医療支援者」で45万人が新たに雇用されるという。 アドバイザーの顧客にとって、この成長にはコストとリスクが伴う。お金があれば、介護費は高齢者が自分で支払う。そうでなければ、彼らの家族が全部または一部を支払う可能性があります。もちろん、こうしたコストの上昇は、包括的な金融・投資計画に反映されるべきである。