火曜日に発表されたTIAAの調査によると、学生ローン債務は何百万人ものアメリカ人にとって悩みの種であり、老後のために貯蓄する能力、長寿計画、家族関係に影響を与えている。 自分や家族のために学生ローンの借金をしている成人を対象にした一年間の調査では、回答者の84%が、ローンは老後のために貯蓄できる金額を制限すると答えました。4人のうち3人は、学生ローンが返済された後に貯金を開始するか、増額すると予想している。

「老後のための貯蓄を全くしていない」 と答えた人の26%が、その理由として学生ローンの返済を挙げた。 MIT AgeLabは、2018年2月から2019年4月の間に、二つの部分からなる混合方法研究を実施した。最初の部分は、88人の参加者からなる直接のフォーカスグループと、グループ前およびフォローアップのオンラインアンケートで構成された。本研究の第二部では、1,874人の参加者を対象とした全国オンライン調査を行った。