Women's Philanthropy Instituteの新しい報告によると、近年、女性や少女の理念を支援する慈善的な寄付は、一般の寄付者、特に女性の基金や財団によってますます目に付くようになっている。

報告書では 「女性基金」と「女性財団」という用語を同じ意味で使用しており、女性と少女に特化した助成団体に用いている。これらの組織は、報告書が「一般ドナー」と呼ぶものとは異なり、より深く関与したタイプのドナーを引きつけているようである。このようなドナーを支援することは、より広範な慈善事業の一部であることが多い。 女性の基金の寄付者は、より多くの慈善団体に48,309ドル対30,027ドル、より多くの慈善団体に19ドル対14ドルを寄付している。