元クレディ・スイスのプライベートバンカーが解説!富裕層ケーススタディ
(画像=ZUU)
世古口 俊介
世古口 俊介(せこぐち・しゅんすけ)
株式会社ウェルス・パートナー代表取締役。1982年10月生まれ。大学卒業後、2005年4月に日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)に新卒で入社し、プライベート・バンキング本部にて富裕層向けの証券営業に従事。その後、三菱UFJメリルリンチPB証券(現・三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)を経て2009年8月、クレディ・スイス銀行(クレディ・スイス証券)プライベートバンキング本部の立ち上げに参画。同社同部門のプライベートバンカーとして、最年少でヴァイス・プレジデントに昇格、2016年5月に退職。2016年10月に株式会社ウェルス・パートナーを設立し、代表に就任。保有資産数百億円以上の富裕層、未上場・上場企業の創業家の資産保全・管理、相続・事業承継対策、資本政策・M&Aなどの企業価値向上対策、ファミリーオフィスサービス提供に従事。

私は現在、富裕層・事業オーナー向けに資産配分・資産運用設計の最適化コンサルティングを行うウェルスパートナーという会社を経営しています。

職歴としては、新卒は日興証券(現:SMBC日興証券)でその後、三菱UFJメリルチンチPB証券(現:三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)に転職、2009年にクレディスイス証券(兼クレディスイス銀行)に転職し、2016年に独立しました。

富裕層・事業オーナー向けの資産ポートフォリオ構築、相続・事業承継対策に従事しており、これまでの経験から富裕層がどういった形で資産運用に取り組んでいるかをご紹介できればと思います。二人目のお客様は地方で会社を経営している60代の未上場会社のオーナー経営者です。

富裕層ケーススタディ【2】
<顧客プロフィール>
属  性 :未上場会社オーナー経営者
年  齢 :60代前半・男性
家族構成 :奥様とお子様2名(長男、次男)
資産背景 :保有資産合計6億6000万円
金融資産 :円預金8000万円、日本株式5000万円、先進国株式1000万円、自社株式4億円
実物資産 :国内不動産(自宅・都内戸建て)1億2000万円
借  入 :なし
年  収 :約3,000万円
備  考 :自社株式は現在、本人が100%保有

<ご要望>
・現在は証券会社に勧められるままに日本株や外国株式を短期売買しているがこの運用が正しいかどうか分からず不安
・65歳には一線を退きたいと考えており役員報酬に運用に代わるキャッシュフローを得られる資産運用がしたい
・60代となりこれまで考えてこなかった会社の承継や相続対策について改めて考えたい
・長男が会社の役員をしており将来、経営を承継させたいが、次男と仲が悪く将来、相続争いにならないか心配

上記のお客様は地方で会社を経営されている2代目のオーナー経営者で、ご自身のリタイアに向け、改めて資産運用や相続対策について見直したいという相談である。戦後、創業された会社は現在2代目から3代目に経営のバトンタッチを検討している会社が多い。

そのときに重要になるのが、自社株式の承継対策である。なぜ資産承継が大切になるのか。今回のお客様もそうだが、保有資産全体に占める自社株式の価値が大きくあるからである。ざっくりとした会社オーナーの資産背景は下記イメージ図の通りになるだろう。