プルデンシャル・ファイナンシャルは現在、一部の旧米個人生命保険の業績が当初の予想とは異なると想定している。この前提条件の変更により、第二・四半期の米個人生命保険の業績は1億5300万ドル縮小した。

プルデンシャルの幹部らは、証券アナリストらに対し、米国の過去の個人生命保険の前提に関する問題への懸念が、新しい個人生命保険の価格設定に影響を及ぼしており、今後の個人生命保険の販売方法に影響を及ぼす可能性がある、と述べた。 プルデンシャルとリンカーン・ナショナルの幹部も、低金利が自社の事業に及ぼす影響について語り始めている。