もしあなたが財務アドバイザーで、高税率の州から低税率の州への移転を検討しているのであれば、以下のことを知っておくべきだ。あなたのクライアントが退職を計画している州は、州の税務調査を受けて、損失する税収の一部を回収する準備ができているかもしれない。

例えば、ニューヨーク州では年間約3,000件の非居住者監査を実施しており、これらの監査の結果、2010年から2017年の間に約10億ドルの収入を得ている。 2018年に州と地方の税控除を1万ドルまでに制限する大規模な2017年減税法案が通過して以来、住民に対する減税州への移転や、ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット、カリフォルニアといった高税率の州による監査のインセンティブは高まっている。