貿易戦争の懸念が原因であり、財務政策が厳しすぎるという意見が多い

Merrillによると、これは2011年以降でファンドマネジャーの中で最も高い割合だ。

「Bank of America Merrill Lynch」の8月度ファンドマネージャー調査によると、投資家は2008年11月以降、常に債券に対して強気になっており、実質43%が短期金利の低下を予想し、9%しか今後12カ月間の長期金利の上昇を予想していない。

投資家の34%が、今後12カ月以内にリセッション(景気後退)が起きると予想しており、64%はそうは考えていない。