The American College of Financial Servicesの調査によると、投資アドバイザーは、高齢の顧客の社会保障給付の削減について、彼らが考えているほど心配していないことがわかった。

金融専門家向けの教育コースを提供している同大学の調査は、同社が創設したリタイアメント・インカム・サーティフィケートのアドバイザー245人を対象に実施された。調査によると、高齢顧客を抱えるアドバイザーの67%が社会保障プログラムの大幅な給付削減について「適度に心配する」と考えていることが明らかになった。 一方、同じ意見は46%にとどまり、半数以上(54%)は大幅な削減を気にしていない。しかし、もし彼らが間違っていたら、彼らのクライアントは苦しむだろう。