コミュニケーション
(画像=PIXTA)

⑧ 営業時間中
事務処理を後方担当者に回すときにはメモや口頭で内容や受付状況等を伝える

仕事は1人で完結するものばかりではなく、他の担当者の協力を得て完結するものが少なくありません。窓口業務の場合、「事務処理の量が多い」「事務処理内容が複雑」などの場合には、後方担当者に事務処理を回すことがあります。

このような場合には、ミス発生やお客様の待ち時間の長期化などを防ぐために、以下のような点に留意しながら後方担当者にお客様の情報を伝えることが大切です。

優先順位が判断しやすい