学資支援が削減されるため大学の純コストを比較することが重要である

「Savingforcollege.com」によると、これらの学校は希望者の40%以上を受け入れている。

多くの大学が入学を促し、財政的な問題に対処するために授業料を削減しているが、学生とその家族にとってのメリットは限られている。

Savingforcollege.comの発行者兼調査担当副社長であるMark Kantrowitz氏によると、通常、学資援助も同様に削減されるため、世帯が実際に大学に支払う純費用に大きな影響を与えることはなかった。また、授業料の調整は通常1回限りの減額だ。その後は毎年授業料が上昇する。