経済成長率も鈍化すると予想されている

金融政策の転換は、現在の景気拡大を拡大させ、米国の次の景気後退の始まりを遅らせるとみられている。

経済学者の間では、米国の次の景気後退がいつ始まるかについて意見が分かれており、今年始まると予想する人はほとんどいない。

全米経済協会の最新の調査によると、226人のエコノミストのうち38%が2020年にリセッション(景気後退)が始まると予想しており、これは2月の調査の42%を下回っている。また34%が、来年にリセッションが始まると予想しており、2月の25%を上回っている。今年から景気後退が始まると予想しているのは2%にすぎない。