増税
(画像=PIXTA)

本特別企画②では、消費税増税に伴う手数料変更や留意点などをQ&A 形式で解説します。

Q1 どんな手数料が増税により上がるの?非課税になるものは何?

A 消費税は、国内で事業者が事業として対価を得て行う「資産の譲渡」「資産の貸付」「役務の提供」を対象に課税する国税および地方税(地方消費税)です。具体的には、商品・製品の販売だけでなく、運送や広告等を含め、「対価を得て行う取引」の大部分が課税対象となります。

一方、非課税取引としては㋐預貯金の利子および保険料を対価とする役務の提供等、㋑外国為替業務に係る役務の提供を含む17項目が挙げられます。㋐では、預貯金や貸付金の利子、国債等の償還差益、信用保証料、手形割引料などが非課税です。㋑では、外国送金や外貨両替、信用状関係の手数料などが非課税です。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

不明な点を確認しておく