U.S.ウィンクとLIMRAセキュア・リタイアメント・インスティテュートの販売調査マネジャーによると、第2・四半期の個人向け変額年金の販売は引き続き好調だった。

金利は数年かけて徐々に上昇した後、下がり始めた。LIMRAの年金リサーチ・ディレクター、トッド・ギーシング氏は、金利低下は、将来の売上高に悪影響を及ぼす可能性がある、と指摘した。 Giesingは声明で、「通常、金利の低下と売上高の減少の間にはラグがあります」と述べた。「第3、第4四半期の売上高は大幅に減少すると予想しています」