独立アドバイザー・ソリューションズがSEIの中間調査で明らかにしたところによると、ファイナンシャル・アドバイザーの48%が2020年に市場の下落が起こると予想し、44%が2021年か2022年に現実になると予想している。 アドバイザーの60%が、地政学的な不確実性、19%が大幅な市場調整、17%が貿易戦争を挙げた。