取引先の「良いところ」を見つける
(画像=PIXTA)

社員の応対がとても心地良い、工場の整理整頓が行き届いている──日々営業活動を行い取引先を訪問していると、ある部分を「良いな」と感じることがあると思う。

そうした取引先の「良いところ」を、皆さんは重視しているだろうか。金融機関で働いていると、どうしても「財務面」、つまり定量面から取引先を評価しがち。たとえ社員の応対が良くても工場が整理整頓されていても、業績が悪ければ、良いと感じたところは無視して財務リストラを考えてしまう。業績が良ければ、なおさら定性面を見なくても融資ができてしまい、気にかけなくなるはずだ。

良いところを起点に連想事業性評価につなげる