取引先の「良いところ」を見つける12
(画像=PIXTA)
ケース3 作業工程を見える化しシステムで管理するC社(製造業)
同業他社との連携をサポートしコスト削減や受注増につなげる

企業の業績改善において、売上増強と売上原価・販売管理費圧縮は、車の両輪といえる。このうち後者について、販売管理費の圧縮は金融機関としても指導しやすいが、売上原価に関しては業種ごとに特徴も異なるためアドバイスが難しい。とりわけ製造業の原価については製品によって適正な在庫水準・工程ごとの部品管理の方法が異なるため、金融機関が関与しづらい傾向がある。

その意味で、本ケースのC社のように取引先が効果的な製造工程管理を行っているのなら、そのノウハウは同業他社にとっても有益なものとなる。「餅は餅屋」というように、その管理手法は、同じ業界に属する企業には受け入れられやすいだろう。

他社へのノウハウ提供で様々なメリットが発生