世界的に経済成長が減速しており、特に欧州が顕著に現れている

Janus Hendersonの報告書は、投資家への支払いに影響する世界的な傾向を分析している。

「Janus Henderson Investors」によると、第2四半期の世界の株主への配当総額は過去最高の5,138億ドルとなったが、増加率は世界経済の減速を受けてここ2年間で最低となった。

同社のグローバル配当指数は過去最高の191.0まで上昇した。