チャールズ・シュワブのリポートによると、第2・四半期にアドバイザーと共に仕事をしたのは5人に1人だけだったが、アドバイザーと一緒に仕事をした人の残高は、アドバイスを受けなかった人よりも目を見張るほど多かった。

アドバイスを受けたSDBA参加者の平均残高は448,515ドルで、アドバイザーがいない参加者の平均残高は234,673ドルであった。 SDBAは、401 (k) (アメリカにおいて採用可能な確定拠出型の個人年金制度)などを含む、退職プラン内に設けられた証券会社口座である。加入者は、株、債券、上場ファンド、ミューチュアルファンド、およびプランの中核となる投資商品ではないその他の証券に投資できる。