ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

出資持分の返還原資やドクターの死亡保障、法人運営の資金を保険で計画的に準備することが不可欠

医療法人は、医療法によって規定されている法人であり、全国に約5万5000社ある。医療法人には、医業の永続性と営利を追求しない非営利性が求められており、法人税では軽減税率が適用される半面、剰余金の配当は禁止されている。

医療法人は、出資者が社員となって社員総会を経て設立される。出資者が拠出したお金は「出資持分」と呼ばれ、株式会社における資本金に相当する。株式会社では、利益が出れば持ち株数に応じて配当を受け取ることができるが、医療法人では配当が禁止されているため、法人内に留保されていく仕組みだ。

①出資持分の返還リスク