第一線で働く
(画像=PIXTA)

中小企業への本業支援はいまだ不十分であることを自覚し経営者と真摯に向き合うべきだ

日常の活動の中で、取引先支援の必要性を思い知らされる機会が増えている。金融機関として本業支援を謳う以上、提供しているサービス内容を客観視し、真摯に経営者へ向き合う姿勢が求められよう。