業績アップに欠かせない
(画像=PIXTA)

私がリーダーを務める渉外チームは仲が良く、常に和気あいあいとした雰囲気です。ただ、お互いに注意や意見をすることがなく緊張感がありません。パワハラに対する社会的批判が大きくなっていることもあり、私自身も厳しく指導することをためらってしまいます。目標達成のためにもっと緊張感を持って仕事に取り組んでほしいのですが、どうすればよいでしょうか。

円滑なチーム運営には、リーダーと部下はもちろん、部下同士でもコミュニケーションや相互理解、信頼関係が欠かせない。しかし、雰囲気を悪化させたくないからと誰も注意や意見をしなかったり、厳しさが必要な局面でもリーダーが指導をためらったりするチームがある。そればかりか、パワーハラスメントを恐れるあまりリーダーが部下指導全般に対して臆病になっていることも少なく ない。

このため、和気あいあいとした良い雰囲気に見えるチームでも、実際には以下のような問題を抱えていることが多い。

・リーダーが部下の顔色をうかがってしまうため、リーダーシップが機能していない
・リーダーが目標未達の状態を受け入れているように見えるため、チームに緊張感がない
・チーム目標の達成に向けた各メンバーの責任が明確でない
・各メンバーがチーム目標の達成に責任を感じていないため、未達であっても行動が改善されない

この結果、チーム業績は毎期目標未達状態が続くうえ、部下もリーダーから注意されないため、改善や能力開発を行う動機付けが乏しく成長しない状況に陥っていく。

共通・個人の目標を設定し協同するチームに