ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

節税プランの法人保険の規制を受け、不安を感じている経営者へのフォローのポイントを解説する

1 節税となっているか

節税プランが成立するためには、実質返戻率は100%超であることが必須である。

チェックすべきは、①法人実効税率が当該企業の実態(課税所得)に合っているか、②現在の法人実効税率を適用した場合にも実質返戻率は100%超となっているかの2点である。

法人実効税率は、課税所得によって税率が異なるが、保険設計書では医療法人の税率を27.21%に変更することはあっても、それ以外の法人で税率を変更することは稀である。課税所得400万円以下の法人に対しても課税所得800万円超の33.59%が適用されていることがほとんどだ(図表1)。

ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

実態に即した税率でシミュレーションを