ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

基本生活費の増大を気にする人へアドバイスを行うFPが知っておくべきことと、増税前後で家計負担がどう変化するのかを解説する。

2019年10月に消費税が8%から10%に引き上げられます。それに伴い、お客さまから、引上げ前に日用品などをストックしたほうが良いのか、引上げ後でもそれほど影響はないのかなど、物品購入のタイミングを質問されることも増えるでしょう。本稿では日常の買い物の負担がどう変化するのかを確認します。

今回の消費税引上げでは、日本で初めて軽減税率制度が導入されます。軽減税率制度により、次の2品目は、消費税が10%に引き上げられたあとも、8%のままとなります。
●飲食料品
●新聞

しかし、飲食料品と新聞のすべてが軽減税率制度の対象になるわけではないことに注意が必要です。図表1に整理しましたので、しっかりと把握しておきましょう。

FPとして知っておくべきポイント

飲食料品