経験を積んだ投資家を対象にした最新のE-Tradeの四半期追跡調査によると、FRBがよりハト派的な姿勢に戻ったことで、引退年齢の投資家は収入源を探しながら多くの課題に直面している。

Eトレードの発表によると、ベビーブーマー世代の金利リスクへの関心は特に高まっており、調査対象者の33%がポートフォリオの金利リスクを積極的に運用している。退職年齢の投資家は、利益を求めて配当にシフトしていることを示している。