新たな調査によると、現在も続く米中貿易摩擦は、そのリスクの大きさにおいて、増大する国債やFRBの利下げに勝るという。米国の投資家は夜も眠れない日が続くだろう。

SophisticatedInvestor.comが実施した調査によると、35歳以上の投資家1,500人のほぼ46%が、投資ポートフォリオに影響を与える可能性のある経済的・地政学的要因として、貿易戦争を最も懸念している。 また、35歳から44歳の年齢層の投資家の48%は、投資家全体と比べて少しばかり紛争への懸念が大きい。

分散投資が最善のリスクヘッジ