モーニングスター社は、2019年10月31日からアナリストの評価方法を変更したことで、実際に同社がフォローしているミューチュアルファンドとETFのうち、良い悪いにかかわらず、何種類が影響を受けるかを明らかにしたいと考えた。新しい方法で資金を運用し、既存の評価システムと比較して、モーニングスターは大まかな敗者/勝者の割合を決定した。

新システムの計算には、ファンドまたはETFからの手数料が含まれることに留意が必要だ。まず、手数料構造の高いファンドは格下げされる。 この変更は、手数料を差し引く前の潜在的な付加価値に関するアナリストの見積もりから、戦略の費用を直接差し引くもの。「戦略が手数料前に与えるものを確認します」と、グローバル・ディレクター・リサーチのJeffrey Ptak氏は以前の電話会議で述べた。その理由の一つは、システムをより「重要な決定に関連させる」ことだ。つまりアクティブなままにしておくか、パッシブにすることだという。