個人の取引時確認で必要な書類と見方
(画像=PIXTA)

ここでは、個人の取引時確認で必要な書類の一覧や主な書類の見方を紹介します。

〈ひと目で分かる〉本人特定事項を確認する書類

確認方法 対象となる本人確認書類
書類の提示のみで確認する ・運転免許証
・ 運転経歴証明書(2012年4月以降交付のもの)
・旅券(パスポート等)
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書
・身体障害者手帳 など
書類の提示+次のいずれかで確認する
・ 他の本人確認書類(上記、顔写真付きを除く)の提示
・ 公共料金の領収書など住所の記載のある補完書類の提示
・ 金融機関が当該取引に係る書類などをお客様に転送不要郵便などで郵送
・各種健康保険被保険者証
・各種年金手帳
・母子健康手帳
・ 印鑑登録証明書(取引に実印を使用する場合) など
書類の提示+金融機関が当該取引に係る書類などをお客様に転送不要郵便等として送付し確認する ・住民票の写し
・住民票の記載事項証明書
・ 印鑑登録証明書(取引に実印を使用しない場合)
・戸籍謄本・抄本 など

〈サンプル〉個人の顔写真付きの書類はこう見る