「個人の口座開設」こんなときどうする!?
(画像=PIXTA)

ここでは、個人のお客様の口座開設で留意が必要なケースを取り上げて、対応方法を紹介します。

〈申込受付・対応〉
遠方のお客様から口座開設を依頼された

「個人の口座開設」こんなときどうする!?
(画像=バンクビジネス)

通勤・通学圏外や日常の生活圏外の金融機関店舗では、どうしても足は遠のきます。結果として、遠方に住むお客様の口座は利用率が低下しがちになります。最終的には休眠・睡眠口座になることも少なくありません。

預金口座は特殊詐欺等犯罪で利用される一面も認められます。このため、口座に不審な動きがあった場合には、迅速かつ十分な実態把握が求められます。しかし、遠方に住むお客様の場合には、状況の確認が遅れたり実態把握が不十分だったりしかねません。

一方、口座利用に伴うサービス提供や口座の維持・管理には、相応の費用がかかります。よって、担当者は口座開設をもって目的達成と捉えるのではなく、費用を回収するためにも、開設をきっかけに取引深耕を図ることも重要です。しかしながら、遠方に住むために来店が少なければその機会は得られません。

このため、本ケースの場合には自店に口座を開設する合理的な理由があるか確認します。同時に開設後に一定の利用が見込まれるか見極めることが重要です。

最寄り店舗の利用を促す