法人営業力
事業新規で地域トップと延滞ゼロとの“両立”に挑戦!
営業担当5年・課長2年・支店長10年の著者が要点解説

※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

夏休みの話題から、創業20周年の記念事業に発展

渉外担当 「ところで社長、夏休みはどこかにいらっしゃるご予定ですか? 軽井沢でゴルフとか!」

社長 「いや、夏ぐらい女房に付き合わないとね」

渉外担当 「それはそうですよね!奥様に怒られてしまいますよね」

社長 「最近、女房が山登りに凝っていてね。付き合わされるんだよ」

渉外担当 「それは大変ですね。今、“山ガール”とか、ブームだそうですね?」

社長 「ガールという歳ではないが、仲間とよく奥多摩とか、丹沢とか、行っているよ。今年は尾瀬にぜひ行きたいとかで、この歳で山登りだよ」

渉外担当 「そうですか、尾瀬は女性に大変な人気だそうで、健康にも良いですから……。実は私も山が好きで、年4回ぐらい近くの山に登っています。奥さんとどこかの山ですれ違っていますね……。ところで、社長、確か来年は創業20周年、何か記念イベントとか、行事をご計画なさっているのでは?」

社長 「さすがに鋭いね、ビジネス銀行さんは。ホテルで感謝パーティとか、派手派手しいことは、時節柄やらないが……。ここだけの話にしてほしいのだけど、実は、本社が大分傷み出してきてネ。それに、社員が多くなって、周辺の賃貸ビルに分散しているので、思い切って建て直そうと、今、計画中なんですよ」

渉外担当 「それは、おめでとうございます。正式に決まりましたら、建設資金は、ぜひ当行に! よろしくお願いいたします」

社長 「参ったな、まだ、内密の話なんだが……」

■社長は将来を考える人……何を考えているか?