法人営業力
事業新規で地域トップと延滞ゼロとの“両立”に挑戦!
営業担当5年・課長2年・支店長10年の著者が要点解説

※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

■将を射んとすれば、まず馬を射よ……経理の人や奥さんから情報を

社長の最大の関心事は当然、社業の成長です。しかし、そうはいっても、どの話題からいくか、なかなか難しいことです。そこで、社長に会う前に担当部署の方々から、社長の“経営の仕振り”を聞き、そのタイプを情報収集することが大切です。これによりポイントをかなり絞ることができます。

すなわち、社長の基本タイプが創業者か否か等々、基本タイプに加えて、学校を出た後、どういう会社で、どういう部門にいたか? を聞ければ、随分いろんなことがわかります。

■社長はそもそも、若い時は何をしていたのか?……その会社の業種は?