サイバーセキュリティの脆弱性、保護・制限する手順、パスワードの管理が挙げられた

北米証券管理者協会のMichael Pieciak会長によると、他のほとんどすべてのカテゴリーの欠陥は減少したという。

規制当局は、国家に登録されたアドバイザーの間でサイバーセキュリティ関連の違反が増加していることを発見した。

北米証券管理者協会が発表したばかりの2019年投資顧問の共同試験報告書によると、米国の41の管轄区域で実施された試験では、2019年前半の半年間に、アドバイザリー会社の4分の1以上(26%)にサイバーセキュリティの不備が見つかった。これは、2017年に実施された前回の一連の共同試験では23%だった。