経済状況が悪化し、経費の見直しにより人件費削減となった

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、同社はFed(連邦準備制度)の利下げを予想していなかった。

ウォール・ストリート・ジャーナルが火曜日遅くに報じたところによると「Charles Schwab」は、金利低下と利益への悪影響の結果、約3%、つまり約600人の従業員を削減する予定だ。

このニュースは、CEOのWalt Bettinger氏がタウンホールミーティングでスタッフに伝えたもので、情報筋がウォール・ストリート・ジャーナルに語ったところによると、早ければ来週にも人員削減が行われる可能性があるという。