退職後の資金が少ないと、社会保障やセーフティーネット・プログラムに頼らざるを得ないという現状が明らかになった

GAOによると、この2つの傾向は「退職後のアメリカ人の経済的安全に大きな影響を与えるかもしれない」という。

米政府説明責任局(Government Accountability Office)の新しい報告書によると、米国人の退職後の経済的安全性に大きな影響を与える可能性のある2つの傾向が明らかになった。

高齢者世帯の所得と富の格差は過去30年間で拡大している一方で、平均寿命は米国の全人口に一様ではないものの上昇している。