任意団体の口座開設にはこう対応しよう
(画像=ho ura/Shutterstock.com)

ここでは、任意団体から口座開設を依頼された場合の対応や留意点について解説します。

任意団体とは、人々が集まって作る団体で、法人格を持たないものをいいます。法人格とは、法律に基づいて与えられる人格のことで、権利の主体となる資格を持ちます。任意団体は、正式な人格が備わっていないため、団体単体で財産権を有しているとみなされないことが特徴です。

任意団体の例としては、サークルや同好会、親睦会、PTA、NPO、町内会、自治会、マンション管理組合等があります。

任意団体のうち、以下のような要件を満たすものは、権利能力なき社団・財団と呼ばれます。

・団体としての組織があること
・多数決の原理が確立していること
・構成員の変更にかかわらず団体が存続すること
・団体の代表者の取決めがあること
・総会の運営方法が確立していること
・財産の管理方法が確立していること

なお、任意団体は法人化により法人格を有して、登記することが可能です。例えば、NPOが法人格を取得して登記された団体で、NPO法人があります。また、町内会が地方自治法の規定に基づく行政手続きにより、認可を受けて法人格を有し登記されることもあります。この場合、町内会名で不動産等を取得できるなど権利義務の主体になることができます。法人格を有しているマンション管理組合法人もあります。

規約や会則等で活動内容を確認する