財政的に余裕がある投資家でさえ、リスクが低い「安全」な分野への投資を検討している

RBCの調査によると、3分の1以上が投資リスクの低減を目指している。

最近の調査によると、富裕層の4分の3が、未来を保証することがこれまで以上に重要だと考えている。

「RBC Wealth Management」の委託を受けた「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」の調査によると、富裕層の55%が将来の幸福のために資産を保全することを他の投資目標よりも高く評価し、49%が長期の退職を認めると答えた。同報告書によると、同グループの富の主な定義は「安心保証」だという。