人工知能と気候変動は投資リスクになりうるが投資機会とも捉えられる

新たな報告書によると、こうした傾向は大きな投資リスクをもたらすだけでなく、ビジネスチャンスをもたらす可能性もあるという。

「BNY Mellon Investment Management」と「Create-Research」による新たな調査研究の結果によると、人工知能と環境問題、特に気候変動は、投資の未来を変える主要なトレンドであり、多くの投資家は資産配分のリスクと見ている。

「Future2024:メガトレンド時代の資産配分の将来的な強化」の報告書では、AIと気候変動が世界中の投資家にどのように受け止められているか、それらが生み出す投資上の課題と解決策、そしてこの2つの「スーパータンカー」であるトレンドが資産配分のアプローチと資産運用業界に与える潜在的な影響について検証した。