ビジネス出版社 危ない会社の見分け方コース
融資・審査業務に不可欠の確かな「企業観」を養い、経営不振企業の再生可能性の見極め方についても言及
●債務者区分に沿った視点から企業を捉える
●与信判断の基本から、実践的な信用調査の手法および要注意先・財務内容問題先企業、破たん懸念先企業の早期発見手法のポイントを学ぶ
●再建融資の留意点や経営不振企業の再生可能性を見極める

<*日本FP協会継続教育(タックス) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

企業の倒産は単一の要因によって偶然に,また突然に生起することがまったくないとはいえないが,一般には企業自体の持つ内部要因と,外部からの強力な影響いわゆる外部要因の複合によって,生起している。上記の調査機関による分類,筆者の主観を加えた再分類の大半は内部要因であるが,企業体質の強弱により,外部要因による影響度が大きく相違するのは事実である。財務体質が脆弱なためにわずかな市況悪化がストレートに倒産に結びついた事例を,筆者は多く見聞きしている。

ここで,与信判断の参考としてぜひ注目しておきたい倒産要因をあげれば次のとおりである。

1.販売不振