ビジネス出版社 危ない会社の見分け方コース
融資・審査業務に不可欠の確かな「企業観」を養い、経営不振企業の再生可能性の見極め方についても言及
●債務者区分に沿った視点から企業を捉える
●与信判断の基本から、実践的な信用調査の手法および要注意先・財務内容問題先企業、破たん懸念先企業の早期発見手法のポイントを学ぶ
●再建融資の留意点や経営不振企業の再生可能性を見極める

<*日本FP協会継続教育(タックス) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

3.売掛金回収難

(倒産要因構成比:平成28年0.3%)

貸倒発生等が主であるが,倒産要因⑥の連鎖倒産と同様,取引先選定および管理能力不足が根本原因である。類似事象が融資先企業にみられないかチェックが必要となろう。

売掛金の回収難が営業環境悪化に起因するのは容易に理解できることであり,販売先・受注先の資金事情悪化・倒産に連鎖しての倒産とは推測されるが,なお,販売管理の“甘さ”の潜在も見逃せない。融資担当者として類似のケースに遭遇することのないよう,企業幹部の営業政策,取引先管理面まで日常考察を怠ることは許されない。

4.放漫経営