低所得層のメディケア受給者が最も影響を受けるだろう

「HealthView Services」のRon Mastrogiovanni氏によると、この変更は2020年に発効し、退職者に良いニュースと悪いニュースをもたらすという。

個人で85,000ドル、夫婦で17万ドル以上稼いでいるメディケア加入者のアドバイザーに朗報がある。来年から、メディケア・パートB(医療サービス・医薬品)とパートD(処方薬)の課徴金に関連する所得区分が、2010年以来初めて物価上昇に連動するようになる。

異なる割増率に連動された所得区分が5つあり、33%から201%の範囲で、基本保険料に追加費用として適用される。個人所得が50万ドル以上、夫婦所得が75万ドル以上の最高所得層は、2028年まで物価上昇率に連動されない。この追加料金は、正式には「所得関連月次調整額(Irmaa)」として知られている。