株式新聞,猛暑関連銘柄
(画像=PIXTA)

熱波などに相次ぎ襲われた欧州では環境投資への関心が高まる――
日本でもESG投資が注目を集めるようになっており担当者も意識したい

今年6月、フランスで同国内史上最高の気温が記録された。実に46度という熱波だ。もともと涼しい欧州ではエアコンが完備されておらず、国家試験も延期されたとのこと。未来ある若者たちを何時間もの間、部屋に閉じ込めて、リスクにさらすことはできなかったのだろう。欧州では「低い土地」を意味するオランダをはじめ、海抜が低い国が多い。温暖化の影響で家が水に沈んでしまわないかと懸念される中、逆転の発想で、水上に浮かぶ家なども実験的に開発されている。