投資家の多くは退職後の医療・介護費用を軽視している

「Wells Fargo」と「Gallup」の調査によると、投資家の半数近くが資金援助を行っており、多くの投資家が退職後の生活を危険にさらしている。

「Wells Fargo」と「Gallup」が共同で行った最新の調査によると、米国の投資家の53%が時間やお金を使って、成人した子どもやその家族の世話をしており、それが退職後のために貯蓄する能力を含めた自身の経済的幸福に影響を与えていることが分かった。

具体的には、調査対象となった約2,100人の投資家のうち45%が、過去1年間に、成人した子ども、親、義理の親、兄弟、孫、その他の親族のために、平均で1万ドルの資金援助を提供したと回答した(1万ドル以上が株式、債券、投資信託に投資された)。これは、前回の調査で投資家が対処できなかった5,000ドルの倍だ。(今回の調査では、そのような質問はされていない。)