年金による生涯所得の保証が金融不安に対する最も効果的な手段である

調査によると、貯蓄習慣やファイナンシャルアドバイザーがいることも信頼感を高める要因だという。

「TIAA」が月曜日に発表した調査によると、引退後も含めて常に経済的に安定していると確信していると答えた米国人はわずか27%で、生存している限りライフスタイルを維持できると確信していると答えたのはわずか35%でした。

ベビーブーマー世代や男性は、若い世代や女性よりもこれらの分野に自信を持っているようだ。