株取引のなかでも比較的利益を出しやすい手法がIPO(新規公開株)取引です。ただしIPO株を手に入れるのは思った以上に簡単ではありません。ではどのようにしてIPO株をゲットすればいいのでしょうか。

IPO株(新規公開株)とは?

株価10倍,IPO株,儲ける
(写真=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

IPO(株式新規公開)とは、未上場会社が新たに株式市場へ上場することです。その会社が発行する株式をIPO株といい、日本の株式市場には2015~2018年にかけて毎年100社近い企業が資金調達を目的に上場しています。IPO株の大きな特徴は、値上がりしやすいということです。IPOはまずブックビルディング(需要申告)という段階を経て公募価格が決まり、その価格で投資家に販売されます。

その後、上場して最初に付く「初値」は公募価格を上回ることが多い傾向です。つまりIPO株に当選して初値で売却すれば利益が得られる可能性が高いということになります。例えば2018年のIPO上場数(東証)は90社でしたが、そのうち80社で初値が公募価格を上回りました。つまりIPOをゲットして初値で売却すれば、約89%の確率で利益を得られたということです。

過去には10倍近くに上昇した株もあった

なかには公募価格を大幅に上回って初値を付けるケースもあります。例えば2019年の例では、公募価格と比較した初値の上昇率で、サーバーワークス(約276.6%)、Welby(約246.7%)、ハウテレビジョン(約209.5%)といった大幅上昇銘柄がありました。過去にはもっと大きく上昇した銘柄もあります。例えば2018年4月に上場したHEROZは、公募価格4,500円に対して初値49,000円と10倍以上の値を付けました。

上昇率約988.9%という驚異的な上昇を記録しました。もしIPO株を買って初値で売っていれば、一発で445万円の売却益が得られた計算です。

IPOをゲットするには?

このようにIPO株の勝率は高いため、手に入れるのは簡単ではありません。なぜなら投資家に販売されるIPO株の数には限りがあるからです。IPO株を買うには、2つの方法があります。一つは取り扱いがある証券会社での抽選です。IPO株を取り扱っている証券会社で申込期間中に需要申告および購入申し込みを行い、当選すればIPO株を購入できることになります。抽選のルールは証券会社によってさまざまです。

例えば申込株数に応じて当選確率が上がる証券会社もあります。IPO株は多くの証券会社で需要申告の際に申込株数の資金の入金が必要です。そのため資金力がある投資家がより有利になります。一方で1人につき1票の抽選権が与えられ、完全に平等な抽選が行われる証券会社もあるのであきらめてはいけません。

またIPO抽選に外れたらポイントが貯まり、そのポイントを使うことで当選確率が上がるというルールを設けている証券会社もあります。抽選以外の購入方法は、証券会社が自社の優良顧客に対してIPO株を直接販売するという店頭販売のケースです。証券会社から声をかけてもらうためには、相当な額の資産を口座に預けておく必要があります。

したがって多額の資金を持っていない一般の投資家にとっては、抽選に忘れず申し込み、当選するのを待つのがIPO株入手方法の王道です。非常に地味な作業になるので途中でやめてしまう人も少なくありません。抽選に参加する場合は各証券会社のルールをよく把握してから参加しましょう。

上昇する銘柄を見極めるには?

IPO株がいくら有利とはいえ、なかには初値が公募価格を下回る「公募割れ」のケースもあります。どうせなら景気よく初値が上昇してくれる銘柄をゲットしたいものです。上昇する銘柄を見極めるには、事前の情報収集が欠かせません。IPO株の情報を専門に取り扱っているサイトや情報会社の提供しているIPOレポートなどには、初値の予想が掲載されます。

その内容を確認し、予想したうえで申し込みをしましょう。公募価格の時点ですでに割高で初値の上昇が期待できそうもない銘柄については、申し込みを見送るという決断も必要です。

IPOがうわさされている会社の関連銘柄を先回りして買う

IPO株は勝率が高い投資だけに、当選の道のりは厳しい傾向です。しかし抽選とは関係なくその恩恵にあずかる方法として、「IPOがうわさされている会社の関連銘柄を先回りして買っておく」という方法があります。例えば2019年9月現在では、テーマパークの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」や、会計ソフトの「freee」、100円ショップの「ダイソー」などが上場を準備しているといわれています。

そういった会社の株主構成を調べて、株主になっている上場会社の株を買っておくことも方法の一つです。予想通りにIPOの実施が発表されれば、株価上昇が期待できるかもしれません。(提供:アセットONLINE

【オススメ記事 アセットONLINE】
2019年不動産マーケットを3つのキーワードで読み解く
2030年、世界における東京都市部の価値、優位性は?
2019年、投資用マンション購入は見送るべきか?高騰する物件価格
将来、日本の空き家はどのくらい増えるのか
2019年以降の社会的イベントと賃貸経営にまつわるポイント