米キー・プライベート・バンクが今週発表したリポートによると、富裕層の親の大半は、慈善活動について子どもと話し合っておらず、どの慈善活動を支援すべきかについても、親の意見は一致していない。

今年の夏にファイナンシャルアドバイザー125人を対象に行われた調査では、回答者の82%が、家族の慈善活動に子どもを関わらせるクライアントはほとんどいないと答えている。