機械学習とAIに移行する際の最大の難点は規制当局の協力だろう

「SIFMA Fintech Conference」の専門家によると、アドバイザーやその他の金融機関はAIを利用する際に、実装、規制、その他の課題に直面する。

ニューヨークで開催されている証券業界と金融市場協会のフィンテック・カンファレンスで、クラウドコンピューティングの普及が進む中、アドバイザーや他の金融機関は、人工知能や機械学習アプリケーションのほか、レグテックなどの新技術の恩恵を受けることになるが、まださまざまな課題が残っていると、専門家らが述べた。

AIとMLに関しては、規制が問題となっており、ますます普及しているこれらの技術の導入と管理を通じて理論を実践に移すことは、非常に困難な部分を残している。「Broadridge Financial Solutions「や「TD Ameritrade」などの企業関係者はパネルセッションで「人工知能の運用」と述べた。