弱気相場は金融生活の中では事実であり、退職しそうな人にとってリスクが高くなります。退職者がポートフォリオから支出すると、株式市場の下落によって元金を失うだけでなく、貯蓄の減少によってポートフォリオのリバウンド能力が低下するという二重の打撃を受ける。

UBSファイナンシャル・サービスは、この問題をどのように軽減するかを判断するため、弱気相場ダメージ指数を設計した。同指数は、主に「ポートフォリオの減損リスクの程度を評価します」と、UBSのアメリカ投資戦略責任者、ジャスティン・ワーリング氏はIAに語った。同氏は、マイケル・クルック氏とともに、この調査を執筆した。