保険営業,女性
(画像=miya227/Shutterstock.com)

下期を迎えて、部下との面談が始まります。今まで面談を受けることは何度もありましたが、上司として面談をするのは初めてです。どういった点に気をつければ良い面談ができるでしょうか。

下期がスタートしたこの時期は、多くの金融機関で部下との面談が行われます。面談の目的は一対一で部下の話を聞き、部下が何を考えているかを理解して、その後の指導・育成に活かすことです。上司が一方的に話したり、叱ったり、説教したり、「参考に」と称して長々と自分の昔話や自慢話をする場ではありません。

面談時は、自分と部下の話す割合が自分:部下=2:8になるように意識しましょう。それでも4:6や5:5になってしまうこともありますが、意識するのとしないのとでは結果が大きく異なります。「面談は人の話を一生懸命聞く仕事」であることを、よく自分に言い聞かせてから面談に臨んでください。

オープンクエスチョンで部下の話を引き出す