6割以上が退職後の財政計画について助言を求めており、4割が懸念を抱いている

NAPFAの調査によると、必要とされている主な分野には、退職計画、貯蓄の増加、債務の削減などがある。

10月は財政計画月間であり、ストレスを抱えている米国人にとっては、財政状況を整えることに集中するのに良い時期だ。

個人金融資産運用アドバイザー協会(NAPFA)の最新調査によると、米国人は自分の財政状況を心配しており、4人に3人が財政計画をやり直したいと述べている。