投資信託,資料活用,説明トーク
(画像=create jobs 51/Shutterstock.com)

今回は、株式型投資信託の説明方法について取り上げます。株式型投資信託とは、複数の株式を投資対象とした投資信託です。比較的価格変動が大きいため、ある程度リスク許容度のあるお客様に向いている商品といえます。

お客様に説明する場合には、株式の仕組みから説明を始めるとよいでしょう。株式とは、一般企業が投資家から資金を調達するために発行するものです。株式は証券取引所に上場しているものとそうでないものがあります。一般的に、投資家による上場株式の売買は、証券会社などを通じて行われます。

株式を購入した人は株主となり、株主総会に参加する権利や配当金を受け取る権利、株主優待を受ける権利などを得ることができます。配当金とは、企業が利益の一部を株主に還元するために支払われるお金のことで、企業によって年1~2回支払われます。

お客様に株式に投資することを説明する場合には、企業に出資をする(企業の一部を買う)ようなイメージであると伝えると、分かりやすいでしょう。

株価は企業業績や景気動向等により変動