マネロン,対策,Q&A
(画像=ra2studio/Shutterstock.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

A 国家公安委員会が2018年12月に公表した犯罪収益移転危険度調査書では、「現金取引は流動性および匿名性が高く、現金を取り扱う事業者において、取引内容に関する記録が正確に作成されない限り、犯罪による収益の流れの解明が困難となる」と指摘されています。

また、金融庁が公表している疑わしい取引の参考事例として、「多額の現金により入出金を行う取引」が注意を払うべき取引類型の1つに挙げられています。

疑わしい取引かどうかを判断する際には、犯罪収益移転防止法に基づき、以下のような点を検証する必要があります。